ガス溶接、切断・電気溶接関連器具のことなら阪口製作所にご相談ください。

切断/溶接器具の阪口製作所

沿革

昭和
1966年

昭和41年1月

個人経営として大阪市生野区南之町2丁目に於いて溶接器具金属加工工業を創立。
1969年

昭和44年5月

電気溶接器具その他製造販売に企業内容を変更。
1970年

昭和45年3月

大阪府八尾市南本町7丁目に新社屋竣工。
1971年

昭和46年10月

奈良県桜井市黒崎に桜井工場設立。
1975年

昭和50年7月

組織を変更 資本金500万円にして株式会社阪口製作所を設立。
初代社長に阪口貞夫が就任。
1985年

昭和60年11月

大阪府八尾市南本町9丁目に本社新社屋竣工、移転(現在地)。
1986年

昭和61年4月

資本金1000万円に増資。
平成 1992年

平成4年9月

中日合弁会社瀋陽阪口儀表有限公司を設立。
1995年

平成7年5月

中日合弁会社を日系会社に変更。
2003年

平成15年6月

2代目社長に阪口将が就任。
2004年

平成16年10月

(社)日本溶接協会より、手動ガス溶断機器のJWES認定合格品としての認定を受ける。認定番号8610号。
2010年

平成22年4月

ISO9001:2008の認証取得。認証登録番号06407。
現在

以上 現在にいたる


ページ先頭へ戻る